楽譜について

もりおか音楽教室 森岡です😊

レッスン2回目の4歳の生徒ちゃんからのクイズ。ホワイトボードに何やら書き出して、

「このきょくはなんでしょー??」

さて、この曲わかりますか?

これを見ながら、音はめちゃくちゃではありますが両手でいろんな鍵盤を行ったり来たりしながら音程は完璧に歌ってくれました。

なんと!

【犬のおまわりさん】でした😆

さて、ここで大人がしがちなこと。

 

「これは楽譜じゃない!ドはこれ!」

「音むちゃくちゃじゃないの!」

「それはイヌのおまわりさんじゃない!」

 

こどもは、これらで一気にやる気をなくします。

そんなことよりも、

【両手で弾けていること、しかも指は一つ一つ独立してパラパラ弾けていること】

そして、

【弾きながら音程を完璧に歌えていること】

一度両手を左右違うタイミングでパラパラ動かしながら【音程完璧に】歌ってみてください。これ、実はすごく難しいことです。

 

そして、これを楽譜と見立てていることで、幼稚園や保育園の先生が【楽譜を見ながら弾く】というのを真似ているので、

これは楽譜としてじゅうぶんOKです😊

 

そして、曲も楽譜にこだわりません。楽譜がある方が良い子、無い方が良い子、しかもタイミングも様々。

そりゃあ読めたら読めたでいいですが、それよりも前に大事にしていることができてから😊

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。090-8196-4091

お問い合わせ